りょうさかさんと

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て・DWEなどについて書くブログ

りょうさかさんと






書評

【書評】「遅いインターネット」を読んでオンラインサロンの将来について考えた

どうも、りょうさかさんです。 「遅いインターネット」(宇野常寛)をようやく読了しました。 久しぶりに「読書」でしか体験できない思考体験をしました。 遅いインターネット /幻冬舎/宇野常寛 posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 Yahooショ…

【書評】皆と同じでは存在感は示せない!「異端のすすめ」は新社会人にオススメの本

どうも、りょうさかさんです。 今回は、弁護士で元大阪府知事・タレントの橋下徹さんの「異端のすすめ 強みを武器にする生き方」についてご紹介です。 橋下さんの本は何冊か読みましたが、今回の「異端のすすめ」は特に新社会人にオススメできる本です。 と…

【書評】「言語化力」は、あなたの未来を問う書籍

今回は、「言語化力」(三浦崇宏)についてです。 三浦さんの「言語化力」では「言葉」をキーワードに「人生観」「仕事観」という大きな枠組みから、心構えやテクニックなどすぐ取り組めることまで幅広く書かれています。 オススメです! 言語化力 言葉にで…

【読書量と学力】子どもの学力を上げるためにできること

どうも、りょうさかです 読書の効果が子どものどう影響を与えるのか? 今回は、読書の効果と保護者は今何をすべきなのかをご紹介です。 読書と学力の関係 家庭の蔵書と子どもの学力も関係する 保護者が本を読んでいない 「読書量と学力」から子どもの学力を…

【レビュー】「オックスフォードピクチャーディクショナリー」

今回のレビューは「オックスフォードピクチャーディクショナリー第2版」です。 このピクチャーディクショナリーは、なんと4000もの語句がイラスト付きで紹介されています。 第二版は日本語訳もついているので特にオススメです! 小学生~中学生や英語を苦手…

【書評】誰だって具体的に話さないと伝わらない「発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ」

子育てに悩むことって多いですよね。 他人と比べなくて良いと言われても、無意識に比べて子どもの成長が早ければ喜び、遅ければ不安になったり…。 わたしも自分の子育てが良いのかわからず、自分を責めてしまいがちです。 不安の原因の多くは、知らないから…

【書評】優秀だと若手を褒めて殺す先輩から逃げるために。「これからの会社員の教科書」はマジで教科書だった

ツィッターで何かと話題の田端信太郎さんのビジネス書「これからの会社員の教科書」を読みました。 その感想は、 コレ、マジで教科書だよ! 大学生、新社会人の方には特にオススメの書籍です。 これからの会社員の教科書 社内外のあらゆる人から今すぐ評価さ…

【書評】子どもの自己肯定感を高めるために親が出来る具体的な方法とは?「子どものやってみたいをぐいぐい引き出す「自己肯定感」育成入門」

「自己肯定感」という言葉を聞いたことはありますか? 「自己肯定感」とは、「自分のことを自分で良い」と自分自身を認めることが出来る感情のことです。 本書「子どものやってみたいをぐいぐい引き出す「自己肯定感」育成入門」では、この自己肯定感をどう…

【書評】努力2.0の正体は?「世界一のプロゲーマーがやっている努力2.0」

「東大に受かる」努力では、もう勝てない。 そう帯に書かれた言葉が印象的なプロゲーマー「ときど」さんの本書「世界一のプロゲーマーがやっている努力2.0」。 ときどさんの示す「努力2.0」とは、「努力を日常生活に変換する方法」だとりょうさかさんは考え…

【書評】非認知能力を伸ばす方法とは?「私たちは子どもに何ができるのか-非認知能力を育み格差に挑む-」

「非認知能力」と呼ばれる言葉が注目を集めています。 しかし、この能力をどのように伸ばしていけば良いのか言及している書籍は多くありません。 今回紹介する「私たちは子どもに何ができるのか-非認知能力を育み格差に挑む-」はそこに切り込む内容になって…

【書評】「全速力」一流経営者のビジネスマインド

麻雀プロ・渋谷ABEMASのエース多井隆晴プロのビジネス書「全速力」についての書評です。 麻雀プロのビジネス書って? そう疑問を持たれても不思議ではありません。 実際わたしもそうでしたからw 本書の内容を一言でいえば「一流経営者のビジネスマインドと…

【書評】「ニャーは、間投詞か副詞か」みたいな論争に惑わされるな「ケンカの流儀」

今回は「ケンカの流儀」(佐藤優)についての書評です。 ケンカの流儀 修羅場の達人に学べ /中央公論新社/佐藤優 posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 Yahooショッピングで購入 7netで購入 ケンカの流儀の内容 ケンカの流儀 特に印象に残った部…

【書評】まず耳から鍛えろ!「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている ライミング編」

「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている 英語が話せない子どものための英語習得プログラム ライミング編」(リーパー・すみ子)をご紹介です。 この本は家庭で英語教育をしたい親御さん、英語の授業を受け持つ小学校の先生が参考になる本になって…

【書評】親の成功体験を当てはめるな!「ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語」

「ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語」という英語教育に関する書籍についてご紹介です。 3歳~中学生3年生くらいまでの子どもがどう英語を学ぶと効率が良いのかについて、応用言語学、脳科学、教育心理学などの科学的根拠(エビデンス)ベースで書…

【書評】子育てのヒントをもらった!「モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方」

本書「子どもの才能の伸ばし方」は、「モンテッソーリ教育」と「ハーバード式」をミックスした内容となっています。 「モンテッソーリ教育」「ハーバード式」と聞くと、思い浮かべてしまうのは 特殊な教材やドリルをガリガリさせるようなイメージ かもしれま…

【書評】「0~5歳子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド」から学ぶ読み聞かせ方

今回紹介する「0~5歳子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド」は、児童館などで子ども達に読み聞かせをするプロが参考にするための本です。 全てのページが親御さんの「読み聞かせ」に役立つとは言いませんが、自分の子どもへ読んであげる際にも役立つ情報…

【書評】学歴社会の価値は?「親なら知っておきたい学歴の経済学」

大学入試改革で揺れている昨今ですが、子どもの置かれている年齢で保護者の方の不安・心配度合いには、温度差があると思います。 今、高校生のお子さんがいる家庭なら目の前の入試が重要でしょうし、お子さんがまだ小学生以下であれば、まだまだ先の話という…

【書評】親も参考になる『保育者のための子どもの「怒り」へのかかわり方』

子どもの「怒り」について、親はどのように対応したら良いのでしょうか。 わたしが今一番悩んでいるのがコレです。 今思い返すと、わたしの子どもへの怒り方は、自分が親からされてきたことを真似ていました。 両親は両親なりにわたしのことを想って、怒って…

【書評】読み聞かせのコツがわかる!「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」

知育のひとつとして「読み聞かせ」をされている親御さんも多いと思います。 でも、どんな「読み聞かせ」の仕方が良いのか、自信を持って答えることができますか? 「読み聞かせ」って普通の読み方で良いのでしょうか? それとも表現豊かに声色を変化させるべ…

【書評】声かけを学んだ「5歳までに決まる!才能をグングン引き出す脳の鍛え方育て方」

「三つ子の魂百まで」ということわざもありますが、小さい頃にいかに脳を鍛えるのか大事だと考えている方は多いと思います。 「知育」について取り組んでいる方も多いと思いますが、どういうことを具体的に心がけると良いのか。 そんな悩みにお答えしてくれ…

【書評】自分で決める子どもに育ってほしい!「子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」」

子育てにおいて悩ましい種の一つが「叱る」です。よく「怒る」と「叱る」は違うと言います。 怒るのではなく叱るべきだ。 そういう言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。でも、毎日同じ内容で「叱り続ける」のは正しいのか不安だと思います。 わたしも子…

【書評】「12歳までの読み聞かせが子どもの「地頭」をつくる!」から学ぶ読み聞かせ方

あなたは、絵本の「読み聞かせ」をどの程度していますか? 毎日ですか? 何分くらいですか? 「3歳までに1万冊」「小学校入学までに1,000冊」という言葉もあります。 2歳まであと1年しかないけれど、全然足りていない。もう3歳を過ぎている。そんな場合、も…

【書評】学生必見!!『メンタリストDaiGoの「超効率勉強法」』

今回はメンタリストDaiGoさんの「超効率勉強法」についてです。 最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法 [ メンタリストDaiGo ] posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 本書の内容 やってはいけない7つの勉強法 効率の良い勉強法 勉強…

【書評】「会話は、とぎれていい」相手と作り上げるコミュニケーションの一種

「会話は、とぎれていい」(加藤綾子) 今回の書評は、人気アナウンサーの話題の会話本です。いつもの書評記事とは毛色の違う本書をご紹介です。 会話は、とぎれていい 愛される48のヒント [ 加藤綾子 ] posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 本…

投資をする前に読んで欲しいオススメの3冊

投資についてはわたしも現在進行形でお勉強中。というのも、世の中やってみないとわからないことの方が多いからです。 とはいえ、いきなり挑戦するのもリスキーです。やはり事前にお勉強をしておいた方が大きなミスをしにくいですし、経験から学ぶ学習効率も…

【書評】賃貸派がちきりんの「リノベ本」を読んで気付いたこと

今回はちきりんさんの「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」(著・ちきりん)についての書評です。 徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと /ダイヤモンド社/ちきりん posted with カエレバ 楽天市場…

【書評】「実験思考」によって「会いに行ける著者」がブームになるか

「実験思考」(著・光本勇介)についての書評です。 実験思考 世の中、すべては実験 /幻冬舎/光本勇介 posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 この本はその存在自体が「実験」となっている書籍です。それらを含めてわたしの考えたこと書評という…

【書評】ウソつきになれ!「統計でウソをつく法」

「統計でウソをつく法 ‐数式を使わない統計学入門」(ダレル・ハフ)についての書評です。 統計でウソをつく法 数式を使わない統計学入門 /講談社/ダレル・ハフ posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 この書籍は1968年発刊。原著はなんと1954年…

高校生・大学生向け GWにオススメする3冊

今年のGWは10連休です。行楽地に出かける日もあれば、遊び疲れて家でゆっくりする日もあると思います。 お家でのんびりする時に読んでほしいオススメの本を今回はご紹介です。対象は高校生、大学生向けですよ。 中高生からの論文入門 アメリカの高校生が読ん…

【書評】「多井熱」から考える麻雀のパフォーマンス

完全にMリーグロスです。Mリーグの第一シーズンが3月末に終わりました。 知らない方に説明すると「Mリーグ」とは麻雀のチーム対抗によるプロリーグのことです。Jリーグがサッカーなら、それの麻雀版ですね。 麻雀は現在、冬季オリンピックの室内競技として国…