RYOSAKASANTO

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て・DWEなどについて書くブログ

大学入学定員厳格化に対応する2つの方法

今年の入試はA判定の生徒でも不合格になるなど厳しい受験でした。どうやって大学に進学するかを決める前に改めて思い出してください。 大学入学定員厳格化による影響 どう対応すれば良いのか AO入試と推薦入試を狙え AO入試・推薦入試の偏見をなくせ 大学入…

【新教科書見比べ】小学校英語教科書を見てきた(教育出版・光村図書・啓林館)

新しく教科となる小学校英語(外国語)の「教科書を見てきた」シリーズも今回で最終回。教育出版・光村図書・啓林館の教科書について見ていきましょう。 最後に全7社の感想もまとめて掲載しています。それでは、どーぞ! 教育出版『ONE WORLD Smiles』 光村…

【新教科書見比べ】小学校英語教科書を見てきた(学校図書・三省堂)

今回も引き続き小学校英語教科書について見た感想をご紹介です。学校図書と三省堂の教科書がどうだったのか。それでは、どーぞ! 学校図書 『JUNIOR TOTAL ENGLISH』 三省堂『CROWN Jr』 学校図書 『JUNIOR TOTAL ENGLISH』 学校図書は、一言でいえば気遣い…

【新教科書見比べ】小学校英語教科書を見てきた(東京書籍・開隆堂)

新しく教科となる「小学校英語(外国語)」の教科書を展示会で見てきました。 小学校英語の教科書は7社が発刊。わたしが感じた印象を全社、ご紹介していきます。ちなみに紹介は教科書発行者の番号順です。それでは、どーぞ! 東京書籍『NEW HORIZON Elementa…

【新教科書見比べ】小学校社会6年 主語は「日本」「朝鮮」?

新しい教科書の展示会が始まりました。文部科学省の発表では6月14日から14日間となっていますが、地域によっては前倒しで開始しています。 (参考)平成31年度における教科書展示会の開始時期及び期間について:文部科学省 今回は社会6年生の教科書の「韓国…

【書評】賃貸派がちきりんの「リノベ本」を読んで気付いたこと

今回はちきりんさんの「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」(著・ちきりん)についての書評です。 徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと /ダイヤモンド社/ちきりん posted with カエレバ 楽天市場…

ベネッセの学校向け戦略3点から見る大学入試改革

株式会社ベネッセホールディングス2019年3月期決算説明会(2019年5月10日)の資料を見ました。ベネッセの学校向け戦略は、文科省の大学入試改革と密接に繋がった流れになっていて、今後の教育界の動向を把握するのにとても便利です。 当たり前のことですが、…

【書評】「実験思考」によって「会いに行ける著者」がブームになるか

「実験思考」(著・光本勇介)についての書評です。 実験思考 世の中、すべては実験 /幻冬舎/光本勇介 posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 この本はその存在自体が「実験」となっている書籍です。それらを含めてわたしの考えたこと書評という…

休日に自分の子どもと遊ぶだけで「偉い」と言われる日本のおかしさ

わたしは、自分の子どもが大好きです。だから休日は、出来るだけ子どもと出かけて一緒に遊びます。 動物園や水族館に行ったり、家の近くの公園に行ったり。妻と3人で行くこともありますが、2連休なら一日は子どもと2人でお出かけをするようにしています。 そ…

選挙カーの名前連呼が批判されても無くならない理由

選挙カーってうるさいですよね。選挙の度にひたすら名前を連呼。朝から晩まで選挙期間中は続きます。 インターネットなどでは「選挙カーでうるさかった候補には投票しない!」なんて声も聞きますが、どうして名前連呼が止むことがないのでしょうか。 結論か…

【2019】小学校学力テストのAB問題統合でどう変わったのか【算数】

2019年4月18日に小・中学校を対象に全国学力テストが行われました。 これまでの学力テストでは、知識を問う「A問題」と活用の力を問う「B問題」がありました。2019年の学力テストからA問題、B問題は統合した形で出題されることになりました。 これによって問…

【小学校英語】教科書採択と著者の関係【2019年採択】(前編)

教科書会社の著者と採択の結果に関係があるのか? 今回も新教科書 小学校英語について調べてみたいと思います。 なぜ、このようなことを書くかというと中学校道徳の時の記事をご覧ください。 ・前回の道徳採択時の記事はこちら。 読むのが面倒くさいと思うの…

【書評】ウソつきになれ!「統計でウソをつく法」

「統計でウソをつく法 ‐数式を使わない統計学入門」(ダレル・ハフ)についての書評です。 統計でウソをつく法 数式を使わない統計学入門 /講談社/ダレル・ハフ posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 この書籍は1968年発刊。原著はなんと1954年…

「起立、礼」よりも軍隊っぽい日本の学校の朝礼

週刊ポスト2019年4月12日号の「イマドキ小学校 「起立、礼」を軍隊式の強制と捉えて廃止も」という記事がありました。 この記事の質は、うーん、という感じなんですがw 記事に関連して「朝礼」の方が軍隊っぽくない? と思いました。 起立、礼は軍隊式の強…

【新教科書見比べ】小学校英語の「書く」 4線の幅は気にしなくて良い!

小学校英語新教材「We Can」から「書く」が導入されています。 「書く」と言っても「写し書き」「なぞり書き」が中心なので、単語のスペルを覚えたりするのは中学生からなのでご安心を! 今回は書く際の「4線」に話題を絞って、全社の新教科書を見比べていき…

令和前日に平成を想う「感謝」

「平成最後」という言葉は、好きではありません。 個人的には平成31年4月30日のことを「平成最後の日」とは言わずに「令和の前日」と呼びたいと思います。(面倒くさい人ですね、わたし) (写真は、先日高島屋日本橋店で開催された「国民とともに歩まれた平…

高校生・大学生向け GWにオススメする3冊

今年のGWは10連休です。行楽地に出かける日もあれば、遊び疲れて家でゆっくりする日もあると思います。 お家でのんびりする時に読んでほしいオススメの本を今回はご紹介です。対象は高校生、大学生向けですよ。 中高生からの論文入門 アメリカの高校生が読ん…

小学校教科担任制の狙いは、理科と英語のため

2019年4月17日、中央教育審議会の総会についての内容が報道されました。 小・中の義務教育では「小学校の教科担任制の推進と教員免許制度の見直し」「習熟度別指導の充実」。高校では「普通科の改革(コース分け)」「文系・理系科目を横断した教育」が挙げ…

小学校英語 オススメのフォントは「UDデジタル教科書体」と「Century Gothic」

2020年度から小学校英語の教科書が使用されます。現在、その準備期間中として文科省が発行した新教材「Let's Try」「We Can」をお使いですよね。 教室にアルファベット表を貼ったり、「書く」際のなぞり書きや写して書くためにプリントを配っていると思いま…

大学入学共通テストの試行調査の結果報告から見る今後の方向性

2019年4月4日に「大学入試センター」より大学入学共通テストの試行調査の結果報告がありました。 今回はその内容をまとめてみましょう。 (参考)大学入学共通テストの導入に向けた平成30年度(2018年度)試行調査(プレテスト)の結果報告及び地理歴史A科目…

2021年都立高校入試から英語スピーキングテスト導入で対策必至!

都立高校の入試に英語のスピーキングテストの導入が決まりました。 (参考)「東京都中学校英語スピーキングテスト」について|東京都教育委員会ホームページ 今回はこちらの資料について見ていきましょう。 結論から書くと、都教委は大学入試まで見据えてス…

【世界幸福度報告2019】の日本の順位58位について

3月末頃に「世界幸福度報告2019」の調査が発表されました。日本の幸福度ランキングの結果はというと156か国中、58位でした。 世界幸福度報告とは 日本の58位について 日テレガンバレ!! 世界幸福度報告とは 国連の関連団体が国際幸福デー(3月20日)に2012…

プログラミング教育はリコーダーになれるか

タイトル通り、プログラミング教育は、音楽科におけるリコーダーになれるのかどうか。そんなことをモヤモヤと考えていました。 リコーダーは役に立つか 役に立たないという学校教育批判 プログラミング教育も同じ リコーダーは役に立つか 先日、テレビ朝日の…

【書評】「エッセンシャル思考」優先順位をめっちゃ簡単に決める90点ルールのやり方

「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」(著・グレッグ マキューン)についての書評です。 エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする /かんき出版/グレッグ・マキュ-ン posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 エッセンシ…

【書評】「ブランド人になれ!」は新入社員にオススメ

今回は「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言」(著・田端信太郎)についての書評になります。 ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 /幻冬舎/田端信太郎 posted with カエレバ 楽天市場で購入 Amazonで購入 本書の内容 サラリーマンを肯定的に見る視点…

反対はもっともイージーな権力行使

「反対」とは、権力者にとって一番気楽な意思決定ではないか。 今回はそんなお話。 (Photo by Andy Tootell on Unsplash) 多数決の賛否はわかれるもの 多数決以外の賛否 現状にNOを突き付ける「賛成」今の自分が正しい「反対」 だから反対はもっともイージ…

娘が飽きた!DWEを始めて1年9ヵ月

DWE

今回はDWE(ディズニー・ワールド・イングリッシュ)を始めて1年9か月経った現在のご報告です。 娘は現在、2歳9か月。もうすぐDWEを使用して2年に突入しようというところです。 結論から書くと飽きてしまいました…。 娘が飽きた 飽きにも傾向がある でも過…

Society5.0時代の「教育」とは

「Society5.0」(ソサエティ5.0)ってご存知でしょうか。そして、教育業界がどのように変わる可能性があるのか。今回はこのことについて解説しましょう。 先に結論から書くとこんな可能性があります。 ・IOT、AIを駆使した社会になる。 ・それによって児童・…

eスポーツを部活動にするためには、こう提案せよ!

今回はゲーム大好きの陵坂さんが、ゲーム好きの生徒、eスポーツを部活動として認めてやりたい生徒さん、先生方のために「どう提案したら良いのか」をご提案したいと思います。 結論から言うと「反対派の人も納得できる提案をしよう」です。 反対派の意見 部…

eスポーツの部活に反対する3つの理由

eスポーツを部活動として認めるべきか否か。 茨城県の公立高校では教員から反発があったようです。 (参考)公立高校で「eスポーツ」の部活採用を検討 秋の国民体育大会で都道府県対抗戦が開催|ニフティニュース そこで今回はゲーム大好きの陵坂さんが、ど…