りょうさかさんと

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て・DWEなどについて書くブログ

りょうさかさんと






【オススメ】娘が2才の時に好きだった絵本【5冊】


f:id:ryosaka:20200307074414j:plain

どうも、りょうさかさんです。

今回は、娘が2才だった時に好きだった絵本をご紹介です。

といっても3才後半の今でも好きな絵本も多いですよ!

知人の子どもや自分の子どもの購入のご参考にどうぞ!

娘が2才の時に好きだった絵本5冊

今回紹介するのは娘が2歳の時に特に好きだった絵本5冊です。

りょうさか家では絵本を1~2ヵ月に1冊くらいのペースで購入しています。

2才の頃は、ほとんどわたしと妻が「娘が喜びそうな本」という観点で選びました。

「ぐりとぐら」

f:id:ryosaka:20200301072325j:plain

定番のロングセラー「ぐりとぐら」。

かわいいイラストに美味しそうなカステラ、ほっこりするストーリー。

娘も大好きで繰り返し読んでいる絵本です。

りょうさか家には「ぐりとぐらのかいすいよく」「ぐりとぐらのえんそく」「ぐりとぐらとすみれちゃん」もありますが、やっぱり「ぐりとぐら」が一番好きなようです。

お気に入りのシーンはやはり「ぼくらのなまえは ぐりとぐら」から始まる歌の場面ですね。

「おやつはなあに」

f:id:ryosaka:20200301071252j:plain

ゆびにんぎょう絵本「おやつはなあに」は、くまさんがおやつを食べる絵本です。 

f:id:ryosaka:20200301071308j:plain

食べるシーンばかりなので「ぐりとぐら」同様に娘も大喜びでした。

指人形で遊ぶことができますし、絵本も小さいので旅行や帰省のお供としても大活躍。

この手の絵本が一冊あるとグッと楽になりますよ

「おやすみくまちゃん」

f:id:ryosaka:20200301063112j:plain

「おやすみくまちゃん」は、くまちゃんたちが寝ようとするとガタガタと音が聞こえてきて皆で体をぎゅっと寄せ合って…と眠る前のふんわり優しいお話。

愛らしいくまちゃんたちが魅力的。

文字も少ないので2歳でも一緒に読みやすかったです。

「なつみはなんにでもなれる」

f:id:ryosaka:20200301071333j:plain

「なつみはなんにでもなれる」は、なつみちゃんが「真似っこ」をしてお母さんが当ててるというゲームをするお話。

f:id:ryosaka:20200301071343j:plain

文字も少なく、会話文だけなのにとっても想像力豊かな絵本です。

2歳の頃から楽しそうに読んでいましたが、3歳になると娘が自分で絵本とブランケットを持ってきて、なつみちゃんの真似っ子をしてくれますw

とっても楽しいので家族で何度も読んでしまいます。

長く楽しめる絵本です。 

「ディズニーマジカルコレクション ミッキーマウスクラブハウス」

f:id:ryosaka:20200301071356j:plain

DWEの影響もあって娘はディズニーが大好き!

そんな娘がアニメ「ミッキーマウスクラブハウス」にハマるのは必然でしたw

そこで購入したのが「ディズニーマジカルコレクション ミッキーマウスクラブハウス」です。

アニメは2才くらい見ることが出来ますが、絵本は字が結構多めです。

f:id:ryosaka:20200306065343j:plain

しかも「三角形」や「かげ」、数字の1~6まで出てきます。

それでもミッキーたちのおかげで2才から繰り返し読んでいる絵本です。

この本のおかげで娘は、文字の多い絵本にも慣れています。

文字が多い絵本を嫌がるお子さんには、お子さんが好きなキャラクターの絵本で字が多めのものからスタートすると良いかもしれませんよ。

娘が2才の時に好きだった絵本5冊のまとめ

  • ぐりとぐら
  • おやつはなあに
  • おやすみくまちゃん
  • なつみはなんにでもなれる
  • ミッキーマウスクラブハウス

 娘が2才の時に好きだった絵本はこちらの5冊でした。

「おやつはなあに」以外は今でも繰り返し読んでいる絵本たちです。

娘の姿を見ているとお話がわかるようになってくるとさらに面白くなるみたいですね。

プレゼントや買い足しの参考になれば幸いです。

それでは、また。