りょうさかさんと

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て・DWEなどについて書くブログ

りょうさかさんと






【書評】努力2.0の正体は?「世界一のプロゲーマーがやっている努力2.0」


f:id:ryosaka:20191218063128j:plain

「東大に受かる」努力では、もう勝てない。

そう帯に書かれた言葉が印象的なプロゲーマー「ときど」さんの本書「世界一のプロゲーマーがやっている努力2.0」。

ときどさんの示す「努力2.0」とは、「努力を日常生活に変換する方法」だとりょうさかさんは考えます。

世界一のプロゲーマーがやっている努力2.0の内容

本書の内容に入る前に「ときど」さんについて簡単にご紹介。

ときどさんは、eスポーツのプロ選手(プロ格闘ゲーマー)

東京大学理科一類を卒業。

2019年現在、ロート製薬、ソニー・ミュージックエンタテインメント、大塚食品、QANBAとスポンサー契約をしています。

本書で語られる「努力2.0」は6つの柱で構成されています。

【①反復の法則】 「負け」の中に答えがある

【②環境の法則】 ライバルは「敵」ではない

【③メンタルの法則】 心に「負荷をかけない」

【④継続の法則】 頑張りは「いらない」

【⑤Whyの法則】 嫌なことは「やらない」

【⑥地力の法則】 「自分史上最強」になる

(引用)「世界一のプロゲーマーがやっている努力2.0」p.11-12より

この柱をもとにときどさんが実際に経験し考えたことを中心に、明日からすぐ取り組める具体的な内容が書かれています。

例えば、「試行回数」を増やす、環境の選び方、学び方、自分を客観視する方法、ルーティン化などなど。

実際にときどさんの1日を例にして解説をしてくれているので、読者にとってイメージがしやすいですよ。

努力2.0の感想

ときどさんといえば、プロ格闘ゲーマーの中でもトップ中のトップ、一流プレーヤーの一人です。

経歴は前述の通り東京大学を卒業し、在学中に書いた論文は国際学会において評価されています。

そんな経歴からイメージする姿は、「やり抜く力」「忍耐力」の高い人間像です。

しかし、本書で語る自評は「凡人」なので、かなり謙遜しているようにも見えます。

凡人かどうかは別にして「ときど」さんが多くのことを徹底していることから学ぶことができます。

本書で語られる徹底していることは、例えば…

  • 毎日ノートに自己評価25項目を記入
  • 部屋にはベッドしか置かない
  • スケジュールをルーティン化

これらをする理由は、意志が弱い凡人だからこそ「環境」をつくり、「ルーティン化」をすることで継続し続けるためです。

凄まじいのは「部屋にベッドしか置かない」ですよね。

テレビも冷蔵庫も置かない理由は、くつろいで家から出なくなってしまうのを防ぐため。

まさに日常生活、環境から変化させているわけです。

このように本書では日常生活、人間関係、考え方をどう変えるかが書かれています。

「努力2.0」のまとめ

努力にまつわるこんな言葉を聞いたことがあると思います。

「才能がある人は、努力をしている意識がない」

一方で、ときどさんの示す「努力2.0」は、「努力を細かく分け、「心構え」「環境」「ルーティン」に落とし込むことで努力を日常生活に変換する方法」が書かれています」

努力を日常生活に変換することで、凡人でも努力をしている意識がなくなる。

これがわたしの考える「努力2.0」の正体です。

詳しくは本書を読んでいただき、出来そうなものからぜひ取り入れてみてくださいね。

それでは、また。