RYOSAKASANTO

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て・DWEなどについて書くブログ

探偵気分を味わえる「2分間ミステリー」【書評】


今回紹介する本は「2分間ミステリー」(ドナルド・J・ソボル)という名前のミステリー小説。

この本、読書が苦手な方にオススメしたいミステリー小説になっていますよ。

本当に2分で読むことができる構成

いわゆるショート・ショートと呼ばれる超短編小説が71作つまった本書。主人公の医師ハレンジア博士が探偵役を務めます。

およそ2ページに1つのショート・ショートがあり、解答は2ページ後にあります。天地逆で印刷されているから誤って目に飛び込んできても大丈夫です。

たった2ページで一話が終わるので、読書が苦手な妻も、ちょこちょこ読んで楽しそうにしていますよ。

探偵気分を味わうことができる

ショート・ショートの最後の文章は、「どうしてハレンジア博士は・・・だとわかったのでしょう」というような言葉で締めくくられます。

ここからが読者である「あなた」の出番。

たった2ページの文章の中にミステリーの答えが隠されています。

こう書くとミステリー好きの方は、どの辺りをポイントにして読んだら良いかわかると思うんです。

例えば、文中で「炎天下」みたいなフレーズがあるのに「氷は溶けていなかった」みたいな証言がある場合のことです。

本書の中にもこういう明らかな矛盾を探していくパターンはあるのですが、それ以外にも名探偵に求められる能力が試されるお話もあります。

名探偵に必要な能力

頭の中に名探偵を思い浮かべてください。

シャーロック・ホームズ、エラリィ・クイーン、エルキュール・ポアロ、火村英生、江神二郎、鹿谷門実、古畑任三郎、金田一少年、名探偵コナン…

まだまだ思い浮かぶことでしょう。

彼ら名探偵たちに共通するのは、脅威的な洞察力、卓抜とした推理力、そして豊富な知識を持ち合わせていることです。

実は本書の謎を全て自力で解くためには、洞察力、推理力だけではなく、知識も必要になってきます。まさに名探偵かどうかの資質を探る小説になっているというわけです。

こんなの知らねーよ!

そう毒づきながら読み進めるも楽しいですし、雑学・教養の本として楽しむことが出来るようになっています。

あなたもぜひ、名探偵に挑戦してみくださいね。では、また。

続刊も2冊出ています。