RYOSAKASANTO

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て、気になったことを書くブログ

家を買いたきゃとっとと買いなと答えるたった2つの理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:ryosaka:20180430002024j:plain

家を買うべきか。買わないべきか。

人・家族の数だけ答えのある問題だと思います。

わたしの考えは基本的に賃貸派。そんなことを知ってか知らずか家の購入について相談されることがあります。そんな時にわたしが言うのが

家を買いたいならとっとと買いな

という言葉です。

別に「買って失敗しろー」という意地悪な思いではなく、真剣にそう考えているからです。

そう考える理由は「家を買うなら30歳までだよ」と考えているからです。

背中を押してほしいだけ

その前に質問にくる人の特徴を述べておきます。

多くの場合、「陵坂さん、家を買おうと思うけどどう思いますか?」というかたちで質問されます。この質問の仕方の時って背中を押してほしいだけというケースの典型的なパターン。

買おうと考えていることが前提の質問です。もし否定的なら「今の時代って一軒家を持たなきゃいけないもんですかね?」という感じで尋ねるはずだし、まだ迷っていれば「家と賃貸ってどっちですかね?」みたいな質問になるはずだからです。

背中を押してほしい人を引き留めても、結局「なんか違うんだよな」みたいな表情を浮かべるだけで考えを変えたりしないので、むしろ背中を押してあげる方が本人にとっては幸せだと思います。これが一つ目の理由です。

家を買うなら30歳まで

もう一つの特徴は、だいたい質問にくる人は結婚などの節目の時期を迎えているという点です。そういう状況のため年齢は25~29歳くらいの人が多い印象です。

そんな彼らが対象なので、ローンの返済を考えたら30歳までに買った方が良いと伝えます。これが2つ目の理由です。

なぜか。それは多くの場合、35年ローンを組むことになるからです。

仮に30歳で家を購入して、ローンを返済し終わるのが65歳(定年)になります。当たり前のことですが、これって結構キツイとわたしは思います。

だって、サラリーマンの間ずっとローン返済することになるんだよ。

当たり前に思うかもしれませんが、ローンという借金を抱えることで人生の選択肢がぐっと狭まります。それが定年まで続くわけです。この機会損失をどの程度捉えるかは人生観にもよると思いますが、わたしはかなり大きいと考えます。

(わたしはこれが賃貸派となる理由の一つです。)

家を買おうと考える方はこの機会損失よりも「家」の方が大きいという考えなわけで、それは否定しません。でも、それなら出来るだけ早いうちにローンから解放される方が良いと思いませんか。少しでも若いうち、元気なうちにローンなしで生きることが出来た方が有利だからです。

「LIFE SHIFT」などの本にあるように人生は100年ある時代になると言われています。もしそれが実現するなら尚更、少しでも若い時にローンから解放される方が良いと思います。 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

いや、前倒しで返済するから大丈夫、と思われるかもしれませんが、それなら尚更早く買った方が良いですよね。30歳で購入して前倒して60歳で返済完了するより27歳で購入して57歳で返済完了の方が定年までの年数が8年も残ります。

もちろん共働き・専業主婦・専業主夫と家族のかたちには選択肢があります。だから別に30歳が絶対というわけではなく、考える一つの基準にしてもらえれば幸いです。

もし共働きならもっと早く返せるかもしれませんよね。

先ほどの例のように27歳で購入して、夫婦で頑張って返済をして50歳で返済完了となれば、定年まで15年も残して借金から解放されることになります。

あとがき

冒頭にも書きましたが、人・家族の数だけ答えのある問題です。

また賃貸派のわたしが採用する理由なので、考え方の違う方にはご賛同できない部分もあるかもしれません。また資産状況によっても変わります。ご自身の状況に照らし合わせて考えてみて下さい。

余談ですが、わたしが賃貸派の理由について。

文中にも書きましたがローン(借金)によって人生の選択肢が狭まる機会損失、人口減少による住宅価格の下落が今後予想されるというのが大きな理由です。

じゃあ、また。 

こんな記事もどうぞ。

www.ryosaka.com