りょうさかさんと

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て・DWEなどについて書くブログ

りょうさかさんと






【2019年】子育てをしていてAmazonで買って良かったもの


f:id:ryosaka:20191108072401j:plain

今年もあと2か月。

早いですねー

りょうさかさんは、Amazonで130回以上の購入をしてしまいました。

今回はそんな2019年に購入したものの中から買って良かったもの3点をご紹介です。

2019年Amazonで買って良かったものベスト3

10か月で130回以上購入しているんですが…そのうちAmazon定期便で購入しているお米やコーヒー、あとすでに紹介している書籍や知育玩具が結構な数を占めますw

今回は、それら以外のものから買って良かったものをご紹介。

コクヨ シュレッダー  AMKPS-MX100W

まずはこちらのシュレッダー。

コクヨさんのシュレッダーです。

以前は、自分の住所が載った郵送物などはハサミで切っていました。

けれど子どもが大きくになるにつれて難しくなってしまったんですよね。

  • 子どもに大人用ハサミを触らせたくない
  • ハサミで切る時間が勿体ない

そうしているうちに紙が溜まって、面倒くさくなり、さらに紙が溜まって…。

というわけでシュレッダーを購入しました。

f:id:ryosaka:20191108062107j:image

(裁断された紙を収納スペースも十分あります)

このシュレッダーを購入して良かったと感じるのは、

  1. コンパクトで場所を取らない
  2. 子どもが触っても大丈夫な設計
  3. CD・DVDの裁断もOK

という3点ですね。

やはり一番重視したのは、子どもが触っても大丈夫かどうかという点です。

一度に裁断できる枚数自体は少ないですが、子どもの指が入らない設計なので小さいお子さんのいる家庭でも安心して使えていやすいですよ。 

Mama Bear ベビー おしりふき 純水 99% 80枚入×20個 (1600枚) 

プライムセールか何かで試しに購入した「おしりふき」がコチラ。

「Mama Bear ベビー おしりふき」

購入した理由は、安かったからです。

それまでは「ピジョンおしりナップ」を使っていたんですが、Amazonブランド「Mama Bear ベビー おしりふき」の方が安かったんですよね。

「Mama Bear ベビー おしりふき」は、1,834円で1,600枚入り。

つまり1枚当たりの値段は、1.146円。

「おしりナップ」は、1,712円で1,280枚入り。

つまり1枚当たりの値段は、1.337円。

その差、0.191円と侮るなかれ。

おしりふき、めっちゃ使います!!!

子どもがおしっこ・うんちをする度に複数枚使いますし、急いでいる時は手を拭いたり、食べ物をこぼした床や机をパッと拭くのにも使えるんですよね。

ただAmazonのレビューにあるように「Mama Bear ベビー おしりふき」は一枚当たりが薄いです。

おしろふきが薄くて困るのが、うんちなどがお尻に引っ付いているときなんですよね。

薄いと取り切れなくて、結局何枚も使ってしまいますし、時間がかかってしまうんです。

そして、うんちが引っ付きやすいのは赤ちゃんが立ち上がるまでだと思います。(もちろん個人差や子どもの体調にもよりますが…)

逆に子どもが歩き始めると立ったままうんちをするので、そこまでお尻に引っ付くこともありません。

整理すると…

  • 立ち上がるまでは、厚つ目のおしりふきがオススメ
  • 歩き回るようになると、薄くても問題ないので安いおしりふきがオススメ

という感じです。

Mavogel アイマスク モダール素材

アイマスクは直接「子育て」と関連しませんが、個人的には役立っているアイテムの一つです。

わたしたち夫婦は、寝る際に部屋を真っ暗にして寝ていました。というのもわたしが真っ暗ではないと寝れないため。

でも子どもが出来たら真っ暗にして寝ることなんて出来ないんですよね。

また子どもの夜泣きによっては昼間に仮眠をとることもあると思います。

そんな時にいくつかアイマスクを使って試したのですが「Mavogel アイマスク」が一番しっくり来ています。

f:id:ryosaka:20191108062127j:image

アイマスクに馴染みのない方には、下のような目の部分だけを覆うアイマスクが普通だと思うんですが、

このタイプのアイマスクは短時間の仮眠には向いているんですが、就寝時に使うと寝相でズレやすかったり、横を向いた時に段差が出来て違和感を覚えるんですよね。

その点、睡眠用のアイマスクである「Mavogel アイマスク」は、寝相でズレにくく、横を向いたりしても違和感がないようになっています。


f:id:ryosaka:20191108062205j:image

f:id:ryosaka:20191108062202j:image

(「もやしもん」(石川雅之)A.オリゼーさんに装着してもらいました) 

この写真を見てもらうとお分かりいただけるように目の周りをグルっと一周同じ厚みの布が覆うことになるので、どの向きに動いても高さが変わらないんですよね。

もちろん布の触り心地も優しく、目・鼻への圧迫感もありません。

というわけで、現在はこの「Mavogel アイマスク」を愛用しています。

*注・いくつかアイマスクを試したわたしの体験として、アイマスクと装着する本人の顔・頭の形の愛称が一番付け心地を左右します。その点ご理解ください。

2019年Amazonで買って良かったものベスト3まとめ

シュレッダー、おしりふき、アイマスクと購入したものをご紹介しました。

特に「おしりふき」「アイマスク」は他にもいくつか購入した上で満足しているのでオススメですよ。

「もやしもん」を未読の方も是非!w それでは、また。