りょうさかさんと

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て・DWEなどについて書くブログ

りょうさかさんと






【Mリーグ】知性と勇気が試される頭脳スポーツ【サポーター特典紹介】


f:id:ryosaka:20191020082000j:plain

今日は、ハマっている「Mリーグ」のお話。

って、そもそもMリーグって何?

という方が多いかもしれません。

また知っている方も本ブログのテーマ「教育、子育て」全然違うじゃんと思われかも。

いえいえ、そんなことは全然ありません!

関係大アリです!

何が関係大アリなのか?

そもそもMリーグとは何なのか?

この記事を読めば、ちゃんとわかりますからぜひお付き合いください。

Mリーグとは 

そもそもMリーグとはなんぞや? という方もいるでしょう。

Mリーグとは、麻雀プロのチームリーグ戦のことです。

f:id:ryosaka:20191020073502p:plain

サッカーJリーグの麻雀版だと思ってください。

Jリーグもドラフトして、チームを作って、リーグ戦してるでしょ。

それと同じです。

Mリーグも各麻雀プロ団体に所属するプロを対象にドラフト会議をして、3~4名のチームを作っています。

そして、リーグ戦90試合を戦い、優勝チームを決めるというもの。

Jリーグと同じようにテレビ観戦(AbemaTV)もあるし、パブリックビューイング会場もあるぞ。

そして、オフィシャルサポーターもあったります。

オフィシャルサポーターとは

オフィシャルサポーターとは、簡単に言えばファンクラブです。

ミスチルのファンクラブに入ると、グッズが貰えて、LIVEチケットが優先的に購入できたりするでしょ。あれと同じ。

Mリーグの特典は、公式ではこんな風に書かれていますよ。

M.LEAGUEのオフィシャルサポーター(入会費無料・年会費6500円)に入会すると、入会特典グッズのプレゼント、パブリックビューイングチケットの先行販売、メルマガ配信のほか、マイページでの公式ユニフォーム販売など、様々な会員限定コンテンツをお楽しみいただけます。

(引用)オフィシャルサポーター | 麻雀プロリーグ戦 | M.LEAGUE(Mリーグ)

りょうさかさんは「渋谷ABEMAS」というチームのサポーターになったぞ。

渋谷ABEMASとは

「渋谷ABEMAS」といえば、最もオモシロいチームだと個人的には思っています。

f:id:ryosaka:20191020072746j:plain

(画像はこちらからお借りしました。)

左から順に…

「最強最速」「解説爆笑王」の多井隆晴プロ。

「髪形変化最多」の白鳥翔プロ。

「最年少(当時)」「最高身長(たぶん)」の松本吉弘プロ。

「最も愛らしい」の日向藍子プロ。

全然マジメな紹介をしていないが、知らない人はまずこれだけ覚えて欲しい。

テストがあったら確実に出る特徴です。

ファンになったら「そうだよね」と同感してくれるはずw

渋谷ABEMASサポーター入会特典

そんな「渋谷ABEMASサポーター入会特典」がこちら。

スポーツタオルと…

f:id:ryosaka:20191019185741j:image

会員証だ!

f:id:ryosaka:20191019185745j:image

これに加えて、ファン感謝祭・ファンミーティングやパブリックビューイングへの参加などの特典があるぞ。

小学生向けの麻雀教室も開催!

さて、こんなMリーグ、渋谷ABEMASですが、小学生向けの麻雀教室も開催しました。

ようやく教育、子育てと関連する部分ですw

2019年8月には小学生向けのイベントや小学校に訪問しての活動も行われています。

詳しくはこちら⇒

「渋谷ABEMAS」、競技麻雀の楽しさを広めるべく小学生と交流 | FEATUReS

麻雀というと「ギャンブル」をイメージしがちですし、巷の雀荘にそういう部分があることは否定しません。

一方で、麻雀という競技は将棋や囲碁と同じように知性と勇気が試される頭脳スポーツでもあります。

確率といった数学に関連する考え方目の前の情報を整理し分析する能力リスクリターンの判断能力など様々な思考判断力と精神力が問われるスポーツです。

これらの能力って社会に出てから問われる力ですよね。

実際、サイバーエージェントの藤田社長は麻雀が強いことで有名ですが、わたしのお付き合いのある方でも麻雀が強い経営者の方って結構多いんですよね。

また2022年の北京冬季オリンピックの競技として「麻雀」が開催されることを目指して、国際マインドスポーツ協会が国際オリンピック委員会に申請をしています。

高校の部活ではeスポーツ部が設立されるなど変化の時代です。

麻雀部が一般的になる時代がいつの日かくるかもしれませんよ。

興味が少しでもわいた方は、早速AbemaTVでチェックだ!

それでは、また。 

大好きな多井プロの本⇒