RYOSAKASANTO

教育業界にいる陵坂さんが教育・子育て・DWEなどについて書くブログ

2歳半の娘と2人でスカイツリーに行ってきた


2歳半の娘とスカイツリーに行ってきました。展望台に上るのは初めてだったのでウキウキして行ってきましたよ。

アクセス

最寄り駅は、とうきょうスカイツリー駅、押上(スカイツリー前)駅。

そこからスカイツリータウンの中のエレベーターで4階に上がり、チケットカウンターを目指します。

わたしたちは押上駅から向かいましたが駅直結で便利なもんですね。休日だったのでチケットカウンターやエレベーターで少し並びましたが、窓口が多いので待ち時間は5~10分程度でしたよ。

営業時間は、8:00~22:00(最終入場21:00)。

料金

当日券ー天望デッキ(340m-350m)

大人2,060円 高校生・中学生1,540円 小学生930円 4-5歳620円 4歳未満無料 

当日券ー天望回廊(445m-450m)

大人1,030円 高校生・中学生820円 小学生510円 4-5歳310円 4歳未満無料 

(引用)個人のお客様 | チケット・料金 | 東京スカイツリー TOKYO SKY TREE

天望デッキは高さ350mのところまで上がり、周囲を見渡せます。また足元が透ける床があり、そこで記念撮影をすることが出来ますよ。

天望デッキからさらに100m上昇して、一番高いところから眺望を楽しめるのが天望回廊。445mにエレベーターが止まり、5m分回廊を歩きながら最高450mに到達することができます。

イベント展示などがあるのもこちら。わたしたちが行った時は公開されたばかりのドラゴンボールの映画に関連した展示がされていましたよ。

日時指定券も販売されています。ただし、こちらは8:00~9:30の時間帯以外は、当日券よりお高く設定されています。

天望デッキ&回廊で大人3,600円(特定日なら3,800円)。だいたいどの年齢層も500円くらい高いと思っておいてください。

まずは天望デッキへ

押上駅を出て、4階まで上がると外に出ます。この時期なのでクリスマスツリーも飾られていました。スカイツリーは634mもあるので、ツリーと一緒の枠にいれるのは大変。諦めましたw

f:id:ryosaka:20181216213856j:image

(ちょっと曇っているのが残念)

チケットカウンターでチケットを購入し、天望デッキへ向かいます。エレベーターは4基稼働していて、50秒ほどで到着するそうです。

天望デッキは、フロア350、フロア345、フロア340の3階に分かれています。エレベーターで到着するのはフロア350。

エレベーター4基はそれぞれ四季をイメージした装飾がされているそうです。案内のお姉さんがそう言ってたから間違いない。行きに乗ったのは「夏」をテーマにしたエレベーターでした。
f:id:ryosaka:20181216213807j:image

(花火をイメージ。とっても綺麗です)

350mからの景色がこちら。
f:id:ryosaka:20181216213948j:image

(JR錦糸町駅方面。写真真ん中左の公園が、猿江恩賜公園)

めちゃくちゃ綺麗。そして、遠くまで眺めることができます。でも2歳半の娘がどれほどわかったのかは不明www
f:id:ryosaka:20181216213759j:image

(江戸一目図屏風)

今の風景との違いに想いを馳せたり、
f:id:ryosaka:20181216213741j:image
f:id:ryosaka:20181216213848j:image

クリスマス用の展示と一緒に写真を撮影したり、して楽しみましたよ。

天望回廊へ

天望デッキで天望回廊行きのチケットを購入して、専用エレベーターに乗ります。

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の公開を記念してドラゴンボールに関連する展示が沢山ありましたよ。
f:id:ryosaka:20181216213733j:image

(なぜ髪が青い? アニメは「Z」までしか見ていないので、全く状況がわかりませんw)

このほかにもカフェやグッズ販売もありますし、イラストや体験スペースもありましたよ。娘はこんなマッチョな人たちのことなんて知らないので無視してましたが…。

でも筋斗雲には乗ってたw 父は童心にかえって楽しかったよ。

詳細はこちら⇒

ドラゴンボール超 ブロリー 超天空塔|東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

ただ景色は綺麗だなと思いつつ、さっきと何が違うのかあんまりわかりませんでした。100m上昇しているんですけどね。お恥ずかしい。

わたしみたいに鈍感な方は天望デッキで十分満喫できると思いますよw

再び天望デッキへ

天望回廊から帰りのエレベーターに乗ると天望デッキのフロア345に付きます。最初のフロア350からは階段で降りてこれます。フロア345は基本的にレストランやお土産ショップなので素通りwww

娘と一緒にガラス床を体験すべくフロア340へ。

写真がこちら。
f:id:ryosaka:20181216213816j:image

(うむ、恐ろしい)

娘は大胆にこのガラスの上で寝転がったりしていましたが、怖くないのかね。他のお客さんに迷惑なのと危ないのですぐに抱っこしましたが…。

ガラス床の横では係員さんがカメラを取ってくれるサービスもありました。会場のカメラで1枚撮影、手持ちのカメラで1枚撮影してくれて、気に入ったら会場のカメラで撮った写真を購入してね、という奴。

きっちり娘と二人で手を繋いだポーズで撮影してもらいました。

f:id:ryosaka:20181216213841j:image

(帰りのエレベーター。装飾は冬)

まとめ

スカイツリーに行くまでは、ちょっとお値段が高いよなーと思っていましたが大満足でした。ただ天望回廊まで行くべきかどうかは好みが分かれると思いますよ。

わたしには違いが全くわからなかった。折角ここまで来たしという気持ちとテンションが上がることくらいでしょうか。

夜に来ていたらまた違った感想になったのかもしれません。

興味がない方は天望回廊に上がらず、そのまま階段で下りてガラスの床を満喫した方が良いと思います。

2歳半の娘と回って、全部で滞在時間は2時間程度でしたよ。では、また。 

www.ryosaka.com