陵坂と考察と

教育関係会社員が教育を中心に考えたこと、思ったことを書きます。

MENU

教育/英語

英語民間試験の疑問について考える

文科省から発表された大学入学共通テストの民間英語試験の利用についてのお話。 個人的な感想はまだこんなことも決まってなかったの? って感じですが不祥事続きの文科省ですから仕方ないのかもしれません。 民間の英語4技能試験の結果の提供について(平成3…

早稲田政経の入試改革は数学よりも英語改革だよ

新聞を読んでいると早稲田大学が入試改革の一環で「数学」が必須化されるとのことです。 早稲田大学といえば、私立大学の雄。また他の私大への影響もあることから関係者に衝撃が走っていると新聞では報じられています。 新聞の内容 早稲田大学の公式発表 ま…

英語民間試験の配点参考例を見て、改めて対策すべし! と感じた

今回は2018年6月12日に続報のあった英語民間試験配点2割の参考例についてです。 どんな内容だったのでしょうか? 国立大学協会のWEBページを見てみましょう。 結論からいうと、高校生は四の五の言わず民間試験対策しましょってことです。 ちなみに本文でCEFR…

中英の学テ予備調査から読み解く文科省のメッセージ

文科省が2018年5月31日に「全国学力・学習状況調査」について予備調査の問題を公表しました。これがどういうものなのか。そこから何が考えることができるのか書いていきたいと思います。 結論から言うと、「どのようにして自分の考えを伝えるか」という部分…

小学校英語の評価と中学校とのつながり

どうも今回は小学校英語の「評価」と「小中の連携」のお話です。 読売新聞2018年5月31日の教育ルネサンスというコーナーで「教員養成に文科省指針」という見出しがありました。 記事の内容は玉川大学の教員養成を紹介し、その後、文科省の指針が紹介されてい…

英語民間試験の活用の差が地域間格差を生む

全国82の国立大に民間英語検定試験を活用するかのアンケートが行われたことについて2018年4月30日に報道されました。これによると13校が民間試験の活用を明言しています。 英語試験検定活用の裏側については色々このブログでも想像をしてきました。わたし自…

早期英語教育で意識すべき3つのポイント【書評】「英語を子どもに教えるな」

この4月から前倒しで英語授業を本格的に実施している小学校も多いと思います。 今回、読んだ本は「英語を子どもに教えるな」(市川力・中公新書ラクレ)です。 なかなか衝撃的なタイトルですが「子どもに英語を教えてはいけない!」という主旨の本ではありま…

DWE使用歴10ヵ月、その効果は?

子どもの年齢が1歳1ヶ月頃から始めた幼児英語教材「ディズニー・ワールド・イングリッシュ(通称DWE)」。早くも使用して10ヶ月くらいになろうとしています。 10ヵ月を過ぎてどのような変化が子どもに見られたか。今回はそれをご紹介します。 言えるように…

「英語民間試験の配点2割超」報道の裏側を考える

どうも陵坂です。今回はブログタイトル通りの考察記事だよ。 記事タイトルの通り「英語民間試験 配点2割超…国立大学協 新大学入試で目安案」という報道が読売新聞からありました。 今回はこの新聞記事について考えてみたいと思います。 と言っても内容はメ…

【英語力】堺市がキビシイ、キビシ過ぎる

前回に続いて英語力調査について。 この英語調査では中3・高3の英語力到達度を公表し、各都道府県ごとのの到達度も公開されています。そちらについては前回取り上げました。 あんまり1地区を取り上げてどうこう言うってことはしたくないんですが、あえて…

中高生の英語力が高い都道府県はどこ?

今回は2018年4月7日に「中高英語力 基準到達4割」というニュースについて。 このニュースは文科省の英語教育実施調査を元に報道されています。 何気なく「4割しかできねーのかよ今の中高生は?」と思いがちなニュースですが少し詳しくみていこうじゃないです…

民間試験活用ガイドラインって腰砕けだよね【英語】

もうサクラ散るような暖かい気候になってきましたね。どうも陵坂です。 さて、2018年3月30日に一般社団法人国立大学協会のWEBサイトにて英語の民間試験活用のガイドラインが示されました。約1ヵ月前の2月19日には前日の報道(民間試験の配当は1割程度)を否…

AIとの会話で英語力がつくのか?

どうも陵坂です。あなたは英語力ってありますか? 陵坂は全然ありません。センター試験での英語の点数は恥ずかしくて言えないくらいです。そんな私も社会人になって今では英語教育についてお仕事でもブログでも意見を言う場があるんだから不思議なもんです。…

【共通テスト民間認定】GTECの受験者数が上昇する?

大学入学共通テストの民間活用について認定要件を満たした試験が公表されました。 正直ちょっと予想外でした。以前もこのことについては取り上げたので追加情報という形を整理してみましょう。 公式発表の詳細はこちらをご参考ください。 http://www.dnc.ac.…

東京英語村の長所と大きな欠点【TOKYO GLOBAL GATEWAY】

どうも陵坂です。2020年の新指導要領に向けて小学校、中学校、高校ではカリキュラムをどうしていくか。またご家庭でも英語教育をどうすべきか検討したり、動き出したりしていると思います。 東京都では2018年9月6日(木)に東京英語村こと「TOKYO GLOBAL GAT…

10年で覚えなきゃいけない英単語数が倍に!

どうも陵坂です。高校の学習指導要領案が2018年2月14日に文部科学省より発表されました。あくまで案の段階なのでパブリックコメントの結果、変更の可能性もあります。 ただこの案から文部科学省が何を考えているか読み取ることが出来ます。今回はその中でも…

高校生の半数が私立中学校入試の英語を解けない?

どうも陵坂です。入試のピークが終わりました。落ち着いた頃に飛び込んできたのがこのニュース。遅まきながら記事にできます。その内容は私立入試の英語試験が急増とのこと。 このことについて実はこのブログのかなり初期の記事で書いていました。予想的中と…

【We Can】小学校英語新教材のスモールトークは難しい?【文部科学省】

どうも陵坂です。さて、そろそろもうあと少しで今年度も終わってしまいます。卒業式、終了式があって、しばらくするともう新学期ですね。 今回は久しぶりに小学校英語のお話。おそらく文部科学省の新教材「Let’s Try」「We Can」を先生方は絶賛研究中だと思…

【まとめ】小学校英語の指導法について

どうも陵坂です。2018年4月から新指導要領を前倒しで小学校英語に取り組む地域の情報がいくつか確認している状況です。そうでない地域も移行措置期間として従来よりも授業時間数などを増やすなど小学校側も対応しています。 さて、これまでいくつかの記事に…

都立高校入試に英語のスピーキングでどうなる?

どうも陵坂です。今回も英語ネタ。大学入試で4技能(読む・聞く・書く・話す)が必要になるということを書いてきました。今度はそれより下の高校入試の話です。 2017年(平成29年)12月中頃に都立高校の入試において英語で「話す」(スピーキング)を評価す…

【大学入試英語】民間試験7団体を比較してみた

どうも陵坂です。今回は英語の大学入試に民間試験が適用される件についてです。 以前の記事ではセンター試験に変わって民間試験が導入されれば民間の会社がぼろもうけで嬉しいね、というお話しでした。詳しくはこちらをどうぞ。 www.ryosaka.com さて、そん…

CLILという英語指導法について

TVCMもバンバン打っていてECCジュニア恐るべしと震えている陵坂です。小学校英語の記事が多めになっていますが、やはり小学校英語の教科化が保護者、社会、教員にとって一つのトピックだと考えるからです。 今回はCLILについてご紹介。ECCジュニアでも導入さ…

結局、DWEは高いのか?

どうも陵坂です。「ディズニーの英語システム」(DWE)について購入した経緯と使っていて「良くできているなあ」と思うところやご家庭・学校でご参考にしていただけるポイントについてまとめました。 以前の記事と繰り返しになりますが幼児英語教材はこれし…

小学校英語指導法のヒントが詰まってるDWE

どうも陵坂です。今回は体験談というか現在進行系のお話。幼児英語教育についてです。 我が家には娘がいます。年は一歳後半というところ。大好きな公園遊びではストイックに滑り台オンリー。熱中したらそれしかしなくなる姿は、さすが私の娘だと誇らしい気分…

【We Can】小学校英語新教材の疑問【Let’s Try】【文部科学省】

どうも陵坂です。年末年始の休みのお陰で何度か小学校英語新教材に目を通しました。と言っても教員ではないので、わからない部分もあります。その辺を「疑問」という形で書き留めておこうと思います。皆さんの疑問と共通だったり、違うなという部分を感じて…

東京英語村で小池百合子都知事は批判されるべきなのか【TOKYO GLOBAL GATEWAY】

どうも陵坂です。あなたはどうやって正月休みを過ごされましたか。陵坂はこのブログのPC画面版のデザインをこの正月休みでイジってみたのですが如何でしょうか。スマホ版もイジってみたのですが初心者には若干荷が重かったようです(笑) さて、小池百合子都…

【We Can】小学校英語新教材とオリンピック・パラリンピック教育【Let’s Try】【文部科学省】

そろそろ休みも終わって仕事復帰の方もいるのではないでしょうか。学生さんはまだ少し冬休みでしょうか。受験生は一週間後がセンター試験ですから最後の調整といった状況かもしれませんね。いずれの方も体調あってですから気を付けてくださいね、と早速風邪…

【We Can】小学校英語新教材の「書く」について【Let’s Try!】【文部科学省】

文部科学省のウェブサイトで見ることのできる小学校英語新教材の「We Can!」ですが、もう御覧になられたでしょうか。教員、業者、保護者とこれを見て色々と思うことは千差万別だと思います。またその職種やお立場だけでなく、英語が得意な人、苦手な人によ…

【英語】大学受験でタイピングの技術が必要になるかもしれない

年末になり受験ムードが強まってきましたね。陵坂は浪人も経験したので受験生というだけで無条件で応援したくなってしまいます。浪人時代は予備校との往復の日々に病んでいたと思います。急に徹夜で勉強したり、アレは完全に自分を見失ってたし科学的な根拠…

【解説】小学校英語教科化の問題と保護者の意識の持ち方

2020年から小学校英語が小学3年生から始まるまであと少し。正確には3・4年生は外国語活動、5・6年生は英語を正式に教科化します。といってもほとんどの学校で3・4年生の外国語活動は既に前倒しで行われていますし、地区・学校によっては1・2年生の外…